専門学校で学ぶ食の知識~料理の技術を深めよう~

厨房

フード系列の学校にて

料理人

カフェのスクールについて知っておくと良い情報は、効率的にさまざまな知識を学ぶことができたり仲間ができるというメリットがあることです。今後は、人々のニーズの多様化により幅広い知識が学べるスクールが台頭すると思われます。

Read More...

Associated Link

  • レコールバンタン・キャリアカレッジ

    パンの教室に通ってプロの技術を身につけたくありませんか?こちらが人気なのでチェックしてみると良いですよ。

カフェの専門学校

コーヒー

バリスタのスクールの特徴としては、コーヒーに対する知識だけでなく独立開業に役立つ知識を幅広く学べる点です。日本におけるカフェブームとともにバリスタの認知度も向上し、スクール間での差別化も進むと考えられます。

Read More...

食に関する関心は高い

料理人

子どもの食の貧困化を解決するために「食育」が注目されています。また、食育を受けた大人が行う消費行動にも注目が集まっています。食のバランスが優れた和食を推進すれば日本の農業にもいい影響が出ます。食育を推進する資格は、これからますます注目を浴びることになります。

Read More...

男性の調理への関わり

調理人を目指しているのなら料理の専門学校に入学しませんか?包丁の握り方から学ぶことが出来るので基礎が身につきますよ。

空いた時間の学習を行なっておくことで食育の資格を取得出来ます。栄養に関する知識を付けて日常でも役立てておこう。

男性の受講が増えました

料理人

家庭において調理をするのは、日本では女性が担当することが、大半を占めてきました。 そのため以前の日本では、男子厨房に入らずという言葉が、広く使われていました。 すなわち、男性が調理をしないことは、当然のこととして捉えられていたのです。 しかし、戦後になりますと、憲法改正や雇用機会均等法の整備などが行われました。 すると、それまで家庭にいることが多かった女性が、徐々に社会に進出するようになってきたのです。 女性が家庭から社会に向かっていくことで、家庭における調理に関しても、変化が起き始めました。 すなわち、それまで調理をすることが少なかった男性が、調理を行うことが増えてきたのです。 こうした現象から、男性の料理専門学校への受講が増えるようになっています。

お惣菜が増えます

また、最近の料理専門学校においては、男性のなかでも、中高年の受講が増えてきています。 日本の人口構成は、中高年が占める割合が、増加してきています。 加えて、独居世帯の増加が指摘されていることから、男性の調理との関わりが増しているのです。 こうした中高年男性が、料理専門学校で学びたいことに、お惣菜がよく含まれています。 中高年男性にとって、お惣菜の作り方を学ぶことは、とても大きな意味があるのです。 この年代になりますと、様々な生活習慣病を抱えていることが多くなります。 そうした生活習慣病の改善には、お惣菜を用いた、バランスの良い食生活が欠かせません。 さらに、お惣菜は、家庭料理の典型的なものですが、外食産業においても人気が高まっています。 したがって、今後の料理専門学校の授業では、家庭的なお惣菜が増えると予想されます。